猫を探しています

【2015年1月 大間々町(7丁目)から迷子になった猫】
◆白とグレーのまだら模様 
◆鼻の周辺にグレーのちょびひげ模様

◆尾が長く太い

◆毛量多め
◆ビニール製首輪に電話番号の記載あり(取れている可能性あり)
 ※ただし、毛が多いので埋もれて見えづらいです。
◆好奇心旺盛で、隙間に入り込むことが多い

 

 

 

【2017年9月12日 大間々町 タイムクリップ様近くから迷子になった猫】

◆茶とら 背中の一部とお腹は白

◆薄いピンクの首輪に電話番号記載(取れている可能性あり)

◆尾は長く細め

◆去勢済オス

◆あまり人慣れしていないので、追うと逃げる

飼い主以外には猫の見分けは難しいと思います。

「似ている猫を見かけた」「見慣れない猫がいる」などのあいまいな情報で結構です。
090-1036-1078 シンドウまで24時間いつでもご連絡ください。

群馬の粉もん

先日、みどり市商工会の主催で『粉もんグルメGP』という楽しいイベントが開催され

県内外からさまざまなおいしい「粉もん」がみどり市に大集合しました。

品ぞろえの多さに小麦粉の可能性の広さを感じました!
炭水化物、最高です!!

 

ここ大間々を含む群馬県東毛地区の粉もんの代表といえばなんといっても「ひもかわ」です。

 

本来のひもかわは、ぐんまのおかーちゃんたちが忙しい養蚕の合間に作った時短料理なので

生地をぶって(打って)休ませ、暇を見てちゃちゃっと伸ばし、ザクザクザクと切って

畑や山で採れた野菜やキノコを煮た汁(ちなみに我が家はしょうゆ味)に

ぶちたて粉付きの生めんをそのまま煮込む、そんな料理です。

 

え?それって「おっきりこみ」じゃないかって?

そうです。「おっきりこみ」のことを東毛地区では「ひもかわ」っていうんだで!
ですがテレビの影響なのか、ここ最近は幅広で薄い麺を冷やしで食べるのが「ひもかわ」だと思われていることが多く
地元民としてはちょっとモヤモヤしています。
オリジナル「ひもかわ」とニュータイプ「ひもかわ」
それぞれのおいしさを他の地区の方にもぜひ知っていただきたいです♪

 

 

 

愛用品


梵天雲龍のペテーナイフ。
手に馴染む大きさ、抜群の切れ味。
菓子屋になってから、数々のメーカーのナイフを
使ってきましたが、これが歴代一位です。

健やかなる時も病める時も、喜びの時も悲しみの時も、共に過ごし一生大切に使うことをここに誓います!

モノクロにするとかっこよく見える説





いかがでしょう?

戻ってくる日常

大安吉日青天白日な連休最終日の母の日。

たくさんのお客様にご来店いただき、誠にありがとうございました。

連休中、ご家族の為に三度の食事を作っていたみなさん、お疲れさまでした!
明日からは仕事や学校や保育園や幼稚園が始まります。
すこーしだけゆっくりする時間を確保し気分転換をして、また笑顔で頑張りましょう♪

明日から学校や仕事の始まるみなさん、あと5日行けばまた休みですよー!
気持ちを入れ替えて乗り切りましょう!

ゴールデンウィーク明けは五月病を発症しやすいと聞きます。
特に、真面目で責任感や忍耐力のある人ほどなりやすいそうです。
この春から新しい環境で生活している人は、予防のためにも
?コミュニケーションでストレス発散
?バランスのとれた食事
?質のよい睡眠
?休みの日は仕事を忘れてリラックス

以上を心がけてくださいね。

ちなみに
ゴールデンウィーク明けは、燃え尽きて腑抜けになるのが私の毎年のパターンです。


明日の定休日は例年通りだらだらと過ごし、いろいろありすぎた今週の疲れを癒します。

 





 

支援物資をどうしても送りたい人へ

SNSなどで、被災地から支援物資募集が呼びかけられてくることがあり
居ても立ってもいられない気持ちになっている方がいらっしゃると思います。

支援物資を被災地に送って助けたいという人の気持ち、とてもよくわかります。
でも、ちょっと落ち着きましょう。

現在多くの場合、物が届かないのは物が不足しているからではありません。
現在の被災地では、交通やライフラインが断たれて一時的に品不足が起こっている場合がほとんどなので
物資を送っても被災地に届くまでに数日かかることもあるそうです。
その間に被災地で必要なものは変わっていきます。
3日前に足りなかったものが、今は大量に余っている可能性もあります。
常に最新の情報を入手し、充分な下調べと準備をして
その時に必要とされているものを送るようにしましょう。

支援物資は「色々なものを少しずつ」ではなく「同一品を大量に」送るようにしましょう。
段ボールには外側に大きな文字で内容物を明記
一つの段ボールに色々な物を詰め込むと、いちいち開封して仕分けをする手間が増えてしまいます。

下着や靴下など直接肌に触れるものは必ず新品を!
衣類は「まだ使える」ものではなく「これなら使いたい」と思える基準で。
たとえるなら、フリーマーケットでお金を出して買いたいと思える物でしょうか?
「こんなものでもないよりはマシかな?」というレベルものは間違いなく必要のないものです。
各自治体で設けられたゴミの日に捨てましょう。

(災害支援団体「NPO法人レスキューストックヤード」の支援物資等を提供するも参考になります。)

と、ここまでなんやかんやと書き連ねましたが
私には新品を用意する時間も
いまだ混乱している被災地への輸送ルートも確保出来ませんので
支援物資を買うお金に送料分を上乗せして支援金や義援金として寄付し
新品の衣類や各々が本当に必要なものを買ってもらう方法を選びました。


 

災害にあわれたみなさんへ

このたび、九州地方での地震で被害にあわれた方々に、心からお見舞い申し上げます。
報道で現地の様子を知るたびに胸が痛みます。
今の自分に出来ることを考え、その時がきたら動けるよう準備をしつつ
いつもどおりに仕事をし、いつものように遊んでお金を支払います。
また、地球の裏側エクアドルでも大きな地震が発生したそうです。
どうかそちらも、これ以上被害が広がりませんように…。


 

今日の赤城山


この後、気温が上がってかなり溶けたようである。

涙の押し売り

5年前の3月11日には東北〜関東沿岸で、翌12日には新潟長野県境で起きた大きな災害。
忘れてはいけないけど、でも引きずってもいけないと思っている。

知りたいのは
当時の津波の映像や、いまだに震災当時のままの建物や、人々のつらい記憶ではなくて
復興に向けての課題や進行状況、減災への課題
前へ進もうとしている人々のこと、そしてその人たちを手伝う方法として、その地方の観光や美味しいものとかなんだよなぁ。

 

ご卒業おめでとうございます!

本日、卒業式を迎えた子供たちとご家族のみなさん、ご卒業おめでとうございます!
きっと、寂しさとワクワクが入り交じった複雑な気持ちなのではないでしょうか?

私には子供はいませんが、友人の子供が今日中学校を卒業しました。
赤ちゃんの頃から知っているその子の事は親戚のように思っているので、卒業式に出たわけでもないのに、なんだか泣きそうでした(T-T)

自分の親もこんな気持ちだったのかなぁ…