近すぎる森林

定休日は仕入れの日。
 
仕入れの帰り道、ふと思い立ってドライブがてら赤城山に行ってきました。
せっかくなら通ったことのない道を、ということで
三夜沢赤城神社経由で行くことにしました。
 
(あ、タイムスタンプが入っちゃった…)
手水舎は池に張り出していて、水辺と木々のさわやかさを同時に感じます。

拝殿は青々とした杉林に囲まれ、静かに佇んでいます。
(黄色いアイツが飛び交う季節じゃなくてホントに良かった…)

この神社に祭られているのは豊城入彦命(とよきいりひこのみこと)と
大己貴命(おおなむちのみこと)だそうです。
崇神天皇のご子息と、大黒様ですね。
ワンコインであれもこれも欲張ってお願いしてきました。

県道16号をひたすら上ると
小沼に到着。
「こぬま」じゃなくて「この」だよ☆
ゆっくり散策したかったけど
足元はつっかけ、荷物は財布ひとつじゃそうもいかないので、今回は我慢。


さらに足を延ばして鳥居峠へ。
ここからの覚満淵も良い眺めです。

反対側のロープウェイ駅跡地は、大好きな場所。
この日は天気も良くて、キリッとしたさわやかな風が吹いていました。

車に積んだままの苺が心配なので、長居はせずに帰路へ。


山道を下るにつれて、緑が多くなってきます。
麓から見ると、新緑はまだ山の中腹を上っている最中。
実際に登ってみて、気温と緑の変化を感じることができました。

これで約2時間コース。
充分のんびりできました。

 

 

 
コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL