支援物資をどうしても送りたい人へ

SNSなどで、被災地から支援物資募集が呼びかけられてくることがあり
居ても立ってもいられない気持ちになっている方がいらっしゃると思います。

支援物資を被災地に送って助けたいという人の気持ち、とてもよくわかります。
でも、ちょっと落ち着きましょう。

現在多くの場合、物が届かないのは物が不足しているからではありません。
現在の被災地では、交通やライフラインが断たれて一時的に品不足が起こっている場合がほとんどなので
物資を送っても被災地に届くまでに数日かかることもあるそうです。
その間に被災地で必要なものは変わっていきます。
3日前に足りなかったものが、今は大量に余っている可能性もあります。
常に最新の情報を入手し、充分な下調べと準備をして
その時に必要とされているものを送るようにしましょう。

支援物資は「色々なものを少しずつ」ではなく「同一品を大量に」送るようにしましょう。
段ボールには外側に大きな文字で内容物を明記
一つの段ボールに色々な物を詰め込むと、いちいち開封して仕分けをする手間が増えてしまいます。

下着や靴下など直接肌に触れるものは必ず新品を!
衣類は「まだ使える」ものではなく「これなら使いたい」と思える基準で。
たとえるなら、フリーマーケットでお金を出して買いたいと思える物でしょうか?
「こんなものでもないよりはマシかな?」というレベルものは間違いなく必要のないものです。
各自治体で設けられたゴミの日に捨てましょう。

(災害支援団体「NPO法人レスキューストックヤード」の支援物資等を提供するも参考になります。)

と、ここまでなんやかんやと書き連ねましたが
私には新品を用意する時間も
いまだ混乱している被災地への輸送ルートも確保出来ませんので
支援物資を買うお金に送料分を上乗せして支援金や義援金として寄付し
新品の衣類や各々が本当に必要なものを買ってもらう方法を選びました。


 

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL