今月の無駄遣い


筋肉かるた ¥1,800也

ぐんまちゃん

150912_190256.jpg
キティ先輩には敵わないが、ぐんまちゃんもかなり仕事を選ばないと思う。

巴里の街角

今日のようなジメジメな日は、冷蔵庫から出したものがあっというまに結露でビシャビシャ(>_<)
カラッとさわやかな秋晴れの空が恋しいです。
そんな秋空を待ちわびながら店内を模様替えし、BGMも変更しました。
 

アコーディオンの名手、ダニエル・コランの温かみのある音色が魅力のCDです。
映画『しあわせのパン』で使われた曲が収録されていると、今日お客様に教えていただきました。
あの映画もほっこりするいい映画だったわ〜♪

ちなみに、アコーディオンに似た楽器で「バンドネオン」というものがありますが
違いは鍵盤の有無かと思っていたけど、そうではなくてそもそもの構造が違うそうです。
で、どう違うかと問われても、説明デキーズ…。
勉強しておきます^_^;


 

 

祖父の作ったとうもろこし

亡くなった祖父の作ったとうもろこし。
あれを超えるおいしさのとうもろこしに、未だに出会えていない。
素人の家庭菜園で作ったものなので、特別なことは何もしていなかったと思う。
ただ、朝早く収穫してから5分も置かずにすぐに茹でるというのは
売っているものではまず不可能だろう。
そういえば「野菜は追熟しないから鮮度が命」って、某マンガの中に書いてあったなぁ。。。

しっとり

梅雨ですね。
この時期になると見たくなる映画があります。

さまざまな雨と、雨に濡れ鮮やかさを増した青葉、それに対して彩度が落ちた新宿の街並み。
映像の美しさと繊細なストーリーが心に残ります。

だけど、「雨」「新宿」というキーワードで真っ先に私が思い出すのは…

いい歌なんです。そしてさすがの歌唱力。情景が目に浮かぶようです。

移り気

紫陽花の色は、土壌のphで変わるといわれているけど
結局のところ、品種によるのではないかと思う。

木偏に怱

当店のオープン前からあったこの木。
幹は攻撃的な棘で全身武装していて、剪定するのも一苦労でした。
春には地下茎からあちこちに芽を出し
秋には黒い小さな実を付け
それを目当てに鳥たちが集まって来てなかなか賑やかです。

長らく何の木かわからなかったのですが
先日シルバー人材センターの方に見ていただいたらあっさりと判明。
『タラの木』だそうです。
ってことは新芽はあのおいしいタラッペ(タラの芽)
来春の収穫が楽しみです♪

夏っぽい

もっこもこ

夕日がきれいだと聞いたので

撮ってみた

近すぎる森林

定休日は仕入れの日。
 
仕入れの帰り道、ふと思い立ってドライブがてら赤城山に行ってきました。
せっかくなら通ったことのない道を、ということで
三夜沢赤城神社経由で行くことにしました。
 
(あ、タイムスタンプが入っちゃった…)
手水舎は池に張り出していて、水辺と木々のさわやかさを同時に感じます。

拝殿は青々とした杉林に囲まれ、静かに佇んでいます。
(黄色いアイツが飛び交う季節じゃなくてホントに良かった…)

この神社に祭られているのは豊城入彦命(とよきいりひこのみこと)と
大己貴命(おおなむちのみこと)だそうです。
崇神天皇のご子息と、大黒様ですね。
ワンコインであれもこれも欲張ってお願いしてきました。

県道16号をひたすら上ると
小沼に到着。
「こぬま」じゃなくて「この」だよ☆
ゆっくり散策したかったけど
足元はつっかけ、荷物は財布ひとつじゃそうもいかないので、今回は我慢。


さらに足を延ばして鳥居峠へ。
ここからの覚満淵も良い眺めです。

反対側のロープウェイ駅跡地は、大好きな場所。
この日は天気も良くて、キリッとしたさわやかな風が吹いていました。

車に積んだままの苺が心配なので、長居はせずに帰路へ。


山道を下るにつれて、緑が多くなってきます。
麓から見ると、新緑はまだ山の中腹を上っている最中。
実際に登ってみて、気温と緑の変化を感じることができました。

これで約2時間コース。
充分のんびりできました。